*

コルセットの保険請求について・領収書と装具証明書で返金される

公開日: : 最終更新日:2016/07/26 腰痛・ヘルニア ,

コルセット代金の支払いについて

硬質タイプ・軟質タイプとも同じ手続きです

今回の手術では手術後から約3ヶ月間着けることになる硬質タイプのコルセットと、手術後3ヶ月目から6ヶ月目まで着けることになる軟性メッシュタイプの2種類を、病院まで週2回来てくれる装具屋さんに作っていただきました。

その2つともに採寸して、ぼくの体型にあったものをになっています。硬質タイプのほうは、手術後からすぐに装着するため、検査入院のときに採寸してもらっていました。

ただ出来上がったもののサイズがちょっと合わなかったので、手術後のリハビリ期間中にベルトのつけ直しをしてもらった記憶があります。その間の数時間は動かず寝ていましたね。

o0800045013380628615
↑これが硬質タイプで3ヶ月間お世話になった

o0800045013380628597
↑背中には金属板がついておりガッチリ腰椎を守る

o0800045013380628580
↑着用するとこんな感じで腹筋も背筋もなにもいらない感じ(笑)

o0800044913115639353
↑3ヶ月経つと柔軟性のあるコルセットに変わる(サポーターに近いかも)

上の写真3枚目までが最初に着けていた硬いコルセット。これを着けている間は結構苦しかった思い出があります。痛みもあるし、とにかく不自由。最後のほうは食事の時だけベルトを緩めてはいましたけど、勝手に外すわけにもいきません。もちろん怖くてできません。

写真4枚目が約3ヶ月経ってから使うことになった、折りたたみ可能の軟性コルセット。たたむと、こんな感じ。ほぼA4サイズで厚み2㎝くらいです。軽いわりに作りはしっかりしています。脱着も今までと変わらずマジックベルト式なので便利です。後ろ側の紐の長さを変えることでウエストのサイズ調節も可能

そしてメッシュの部分は若干ですが伸縮するストレッチ素材ですね。色は肌色と黒の2色ありましたが、迷わずに黒を選択しました。見た目を重視。今までとは装着感も雲泥の差。全然こっちほうが楽です。手術日から3ヶ月間経つとこれに変わります

 

受け取り時に立て替え払い・あとから返金

o0800044913115639684
↑装具屋さんから代金支払い時にもらう領収書(無くさないように注意)

o0800044913115639920
↑これは参宮橋脊椎病院で出してもらう装具証明書

この写真はこのコルセット(軟性タイプ約3万円)の領収証と病院の先生に出してもらう装具証明証です。装具証明書にはしっかりと病名が書いてありますね。ボールペンで隠してあるところには、ぼくの自宅の住所。ぼくの場合、病名は腰椎椎間板ヘルニアとなっています。

そして腰椎軟性装具の装着が必要と認めます、と書いてあり院長の印鑑が押してありました。これを国民健康保険の方は役所へ、健康保険組合の方は会社に持っていくと3割負担で済むという事です。今回、ぼくの場合は2万円弱が戻ってくるということになりますね。

 

前回の硬質コルセットの時とおなじく、今回もその場で装具屋さんに現金で支払い(立て替え払い)をしております。その時に必ず領収書をもらって下さい。そして病院の事務の方に装具証明書をもらって、健康保険証の種類によって役所か、組合健康保険(勤務先の会社)へ提出することになります。とくに領収証の方は再発行してもらえませんので、注意が必要ですね。

ちなみに手術前に採寸して手術直後から着用していた硬質タイプのコルセットは軟質よりも高く約5万円でしたので、今回と同様の申請の仕方によって、だいたい35000円ほどが戻ってくる計算になりますね。これだけの金額的になると、しっかり忘れずにやらないと結構な損をしてしまいます。病院によっては、初めから柔らかいコルセットのみのところもあるようです。

 

なぜかマジックベルトの部分だけは保険適用外

それと今回の軟性コルセットの場合は、装着・脱着が抜群に楽になるマジックベルトの部分だけは、なぜか保険適用外(オプション扱い)ということでした。なのでそれは保険適用部分の約3万円のほか、別途5000円お支払いしました。

でもこれがないと毎回、ヒモでしばることになるので必須だと思います。健康保険の支払いに関してはいろいろな決まりがあるようで、これは不正受給があるといけませんから仕方がないことかもしれません。

 

ぼくが思うに医療用コルセットという扱いだとそうなるのでしょうか。一般のドラッグストアで売っているようなモノや、スポーツ用のサポーターとは違うということで。それでもこれはサイズ的に折りたためば普通のカバンにも、またゴルフのキャディバッグにも入りますから、今後一生使えるような感じはしています。



 

関連してこちらも書いています
↓↓
柔らかいコルセット(黒色)を装着してみたらカッコイイ
ヘルニア固定術体験へ鈴木さんから質問がありました
椎間板ヘルニアの手術入院費用と都民共済の支払いは?

 

スポンサードリンク

関連記事

ヘルニア手術から1ヶ月経過前にプール&サウナでリハビリ

術後24日目にリハビリのためプールへ行って泳いだ! 参宮橋脊椎外科病院で腰椎椎間板ヘルニアの手術を

記事を読む

沼沢聖一さんと腰痛予防ゴルフスイングを研究

腰痛の原因と腰に負担の掛からないスイングの話 ↑左から、私、沼沢さん、川口さん。とてもキレイな

記事を読む

筋肉増強剤で手術のリハビリ!アンドリオールの筋力アップ効果

アンチドーピング<アンチヘルニア あくまでも手術後に落ちてしまった筋力を戻すという一時的な使用に限

記事を読む

ゴルフクラブをヘルニア手術から3ヶ月目に振ってみる

術後初めてゴルフクラブを持って軽めの素振り ↑ロブウェッジをもってアドレスをしてみる &

記事を読む

ヘルニアプロゴルファーで商標登録が完了

正式にヘルニアプロゴルファー®になる 昨年12月はヘルニアの手術後であまり動けずに暇を持て余して、

記事を読む

椎間板ヘルニア・手術後の経過(6ヶ月目)

精神的な焦燥感との闘い これは手術を受けたときの年齢にも関係しているのかもしれません。いやあまり関

記事を読む

広尾で人気!マタニティコースのあるオーガニック

女性に人気のタイ古式マッサージ オープン記念のキャンペーン中だそうです。この前オーナーのザウルス氏

記事を読む

トイレが近い悩み!頻尿改善でバス旅行も安心

映画・観劇・コンサートなど行動範囲が広がる ぼくにとって1番の薬がこれです。ある意味、睡眠薬よりも

記事を読む

手術後1年経過!椎間板ヘルニア固定術のリスクへの質問

後方固定術後に腰部を回転させるリスクについて ※文字数3200文字 読了時間10分 今月6日

記事を読む

椎間板ヘルニアの手術入院費用と都民共済の請求手続き

ヘルニアの手術費用は?(入院期間10日間) 高額療養費制度が適用された場合の自己負担 これは誰で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オキシコドンを使ってみた

フェンタニルからの変更 2年半使い続けてきたフェンタニル(フェ

抜釘手術の話

人生の折り返し地点 2018年3月に背骨を固定していたインストルメン

不眠症の人が急増している原因

眠れない悩み(睡眠障害)への対策 インターネットやSNS、そしてスマ

ヘルニア手術から2年経過で禁酒・禁煙必要なし!ゴルフスイングも違和感なし!

通常時は腰痛から解放された! 椎間板ヘルニアの後方固定術から2年経過

まだ間に合う東京オリンピック辞退か国内会場変更への議論

7月27日(水)の午後に書いていますけど、都内の天気は曇りで気温も25

→もっと見る

  • X(旧Twitter)フォローよろしくです!


  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑