*

リゾートゴルフは気軽にプレー!ポイントターニー方式がおすすめ

公開日: : 最終更新日:2015/08/30 ゴルフ ,

ゴルフは2極化の時代に向かう

発想の転換で加点方式が楽しいかも

昨今のゴルフ人口が減っているのはなぜかと考えた時に、まあ国の人口が減っているのは別の話としても、さまざまな問題が複合しているという、結論になるのではないかと思っています。この辺はPGAティーチングプロとしての感想です。
まずなんと言っても若い人がやらない。これは単純にお金と時間の問題が、絶対に一番ですよね。ここは間違いない。←すいません、ちょっと不安になったので、とりあえず。。とくに今はタイムイズマネーになっちゃった。

じゃあ、その次ですよ。ゴルフの将来を考えた時に、今のままでいいのかなと思う点として、個人的にはルールの問題は避けて通れないと思っています。ミスを減らすゲームと言われるゴルフですが、今の時代もう少し気持ちにゆとりのある、楽しめるプレースタイルが、あってもいいんじゃないのかなあと。

ぼく自身、疑問に思っているのがステーブルフォード方式に関して。別名、ポイントターニーともいわれていますね。これがなんで普及しないのか分かりません。自分でやったこともないのに非常に無責任ですが、どうしてなんでしょう。得点を稼いでいく点数を取っていく加点方式の方が、どう考えてもシンプルで分かりやすいと思います。

別に今のストロークプレーが悪いというわけではありませんが、やっぱりゴルフを始めたばかりの方にとっては、なんか残念な気持ちでプレーが終わっちゃうことが多い。そんな気がしてならないというか、、。敗者復活的な部分がゴルフには全く無いというね。

大人のスポーツなのは分かるのですが

アベレージゴルファーと言われる、まあ90とか100前後の人達にとっても、例えばスタートホールで大叩きしちゃうと、残りの17ホールに対してテンションが下がっちゃう。そんなルールなのかなあ、という思いがあります。ラウンドレッスンしていても、かける言葉が無い状態になる、こともある。ジュニアゴルファーなどにも言えることですが、どうしても人間って数字が先走っちゃうんですよね。これはゴルフだけじゃないのでしょうけど。この部分はしっかりしないと過少申告の問題が出てきちゃう。

あとこれは人にもよりますが、せっかく月1回のゴルフのために練習場にも通って普段の生活も節約して、早起きもしてコースに来て最初のホールでOB連発、ハイ、もうベストスコアの可能性はありません、って言うのもねえ。なんか盛り上がらないで終わっちゃって、毎回ほぼ反省会になるという、。

このステーブルフォード方式は、もちろんこれはルールブックにも載っている正式な競技方式なんですよね。その点数に関しての配分はともかく、これだったらルールの問題で揉めることも、少なくなりますよね。とりあえず間違ったら、そのホール0点でいいわけで。

伝統と格式とか、エチケット・マナー・ルールも、すごく重要なのは百も承知で書くと、それってちょっと面倒な部分でもあると。批判的な意見もあるかもしれませんが、他人に迷惑を掛けないということで、あとは自由にプレー出来れば、それがベストなのではないでしょうか。

ボールはあるがままって言うのも、そうなんですけど、別に遊びで来ているのに、わざわざディボットから打つ必要あるのかな。木の根っこから打って、手首痛めてクラブ曲げちゃう必要はないでしょう、。この辺はゴルフをスタートするに人にとって、もう少し寛大な部分があっていいんじゃない、っていう提案なんですよ。ぼく自身も、この方式で実際にやったことも無いし、とくにやってみたいとも思わないのですけど。。
すいません、ここは本当に無責任です。そのうち無責任ブログに名前変えますから。

ですが、ただレッスンプロの立場とすると初心者にいきなりストロークプレーと言うのは、ちょっと厳しすぎるところがあるんじゃないかと、思ったりするときがありますね。こっちに出していいですよ、って言うんですが、日本人は律儀なんですねえ。あるがままで打つ方が多い。

もちろん選択するのはプレーヤーの自由なんですが、こういったルールもありますよって、初心者のプレーヤーの方には教えてあげるのも必要なのかもしれませんね。啓蒙するというか。それはぼくらの仕事でもありますから、いろいろな方々の意見も聞かなきゃいけないと思っています。

またそれを普及させるためは、プロのトーナメントで復活させると言うのも一つのアイデア。あるいはトップアマチュアの競技でも採用してみて欲しい。以前は日本でも変則のステーブルフォード方式のトーナメントがありましたね。USPGAでは現在もあるように記憶していますけど、。ありますよね、はい。長くなりますので、これで終わりますけど、あとちょっとだけ。すいません。

プレーファストには効果的

ここから先は、あくまでも余談ですけどね、余談。。正直言うと、ぼく自身も、だんだん最後の方は、どうでも良くなって来ちゃうときが多いんですよ。半分投げやりプレー。試合になれば緊張感の中で、そんな事はありませんがプライベートで、ラウンドをしてると、どうしても数字が出ちゃうだけに、もうどうでもいいかって適当になってしまう。反省。。プロとしては完全に失格なんだけど、でもまずは人間だから仕方ない(笑)。また無責任ブログ。。

今までのゴルフの歴史の中で、それが伝統で正式なルールであり、それこそがゴルフって、言えばそれまでなんですが、、。たまにはですよ、楽しくやりましょうよって、そんな日があってもいいのかなと、思ったりしているんですよ。
このステーブルフォードはプレーファストには抜群の効果です。これは本当。大叩きは、全部ノーカウントですからね。

ようはメリハリという話で、いつも眉間にシワ寄せてのプレーじゃなくていいでしょ、って。勝負の時と、遊びの時とのバランスを取って、やりましょうね、って話でした。
ヘルニア無責任プロゴルファー会田陽平 ・無責任腰痛ゴルフ研究所(現在は腰痛とメンタル研究所)、っていうのは勘弁してくださいね。これで本当の終わりです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連ページ
スイングの基本といわれるビハインドザボールは腰痛になるのか

 

ぼくも制作に関わらせてもらったNHKで放送された藤田さんのDVDです。タケさんも出演!
↓↓

 

スポンサードリンク

関連記事

ゴルフでボールが吹き上がる原因はスピン量?

インパクトは点ではなく線 改定修正版としてリライトしております。宜しくお願い致します。 こん

記事を読む

ゴルフのスロープレー対策へのアイデア

ゴルフにもハーフ&ハーフ! ゴルフ業界全体でプレーファストへの啓蒙を ゴルフがどうしても

記事を読む

弾道計測器トラックマンをiPad Air2で使用

ゴルフの弾道計測器とiPadの相性は? こんな感じ。軽いので、持ち運びが楽でいい。

記事を読む

術後3ヶ月経って安定したゴルフのアドレスが可能に

椎間板ヘルニア手術からはかなり回復した印象 ↑アドレス後方からの写真です。このままクラブが上げ

記事を読む

ゴルフクラブをヘルニア手術から3ヶ月目に振ってみる

術後初めてゴルフクラブを持って軽めの素振り ↑ロブウェッジをもってアドレスをしてみる &

記事を読む

チーム芹澤に学ぶゴルフ(NHK趣味どきっ!)の撮影風景

8月3日から毎週月曜日の夜はEテレ! NHK・Eテレの趣味どきっ!シリーズ。8月3日から毎週月曜日

記事を読む

スタートホールでの大叩きを減らす方法

指先を温めることで体全体がポッカポカに ぼくは、かなりの冷え性。冷えは万病のもと。ヘルニア手術で筋

記事を読む

今後のゴルフスウィングについて・腰痛対策

背中に入れた金属をスウィングの中心に。逆転の発想。 これは今年の春先に神宮外苑ゴルフで撮っ

記事を読む

ゴルフ場のコース管理にもSNSを活用する

超高速グリーンを管理するグリーンキーパー濱崎さん ※2015年8月にリライトしております。

記事を読む

ゴルフの上達に弾道計測器トラックマンは有効か?

トラックマンは魔法の機械ではない ※これは2014年の椎間板ヘルニアの手術前に書いたものです。現在

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

不眠症の人が急増している原因

眠れない悩み(睡眠障害)への対策 インターネットやSNS、そしてスマ

ヘルニア手術から2年経過で禁酒・禁煙必要なし!ゴルフスイングも違和感なし!

通常時は腰痛から解放された! 椎間板ヘルニアの後方固定術から2年経過

まだ間に合う東京オリンピック辞退か国内会場変更への議論

7月27日(水)の午後に書いていますけど、都内の天気は曇りで気温も25

真夏のゲリラ睡魔とは?原因は睡眠不足だけなのか

真夏に寝不足が続くと起こるゲリラ睡魔とは 不眠症の方はとくに要注意

身体が不自由な時こそ仮想空間を活用・アメーバピグ

アメーバピグの未来人の会はメンバーが21名になる 皆さんの協力のもと

→もっと見る


  • follow us in feedly
  • アメブロ

    最近は腰痛やゴルフのことはあまり書いてなくて、ほとんど日々のできごとだけに。。2016年12月から冬眠に入ったww
PAGE TOP ↑